カラコンでよくあるトラブル

知っておきたいカラコンのトラブル

知っておきたいカラコンのトラブルカラコンは、正しく使わなければ眼障害のリスクを高めます。カラコンというと、オシャレ雑貨のイメージが未だ根強く残っていますが、現在はメガネやコンタクトと同様に高度管理医療機器として扱われていますので、購入には本来は医師の処方箋が必要です。またカラコンを製造販売するには、高度管理医療機器製造販売の許可証が必要です。許可を得ずに製造販売をすると、薬事法違反になります。

最近は、カラコンを扱うネットショップでもきちんと高度管理医療機器の製造販売許可を取っていますし、高度管理医療機器として認められた証となる承認番号も確認できるようになっているので、購入に関しては、信頼できるショップなら問題ありません。しかしカラコンは使用する側の使い方次第でリスクが変わってきます。正しく使っていれば。瞳の色を簡単に変えられる便利なアイテムですが、使用期限を守らなかったりケアを怠ったりすれば、思わぬ目のトラブルを引き起こします。

処方箋をもらって購入したカラコンでも、正しい使い方をしなければ眼障害のリスクはどんどん高くなるので、注意が必要です。正しい使い方をしないと、様々な目の病気を引き起こします。実際カラコンが高度管理医療機器に指定されてからも、カラコンによる目のトラブルは起きていますし、そのほとんどが正しい使い方をしていない事が原因です。特におしゃれ目的でカラコンを使う場合は、どうしても危機感を持ちにくい傾向があるので、度数入りでも度なしでも、カラコンである以上は高度管理医療機器であるという事を理解して、正しい使い方を心がける事が大切です。

カラコンを使う時に、間違った使い方をしていて起こる眼障害にもいくつか種類がありますが、治療して治るものと、なかなか治らないもの、中には視力が低下するケースもあるので、たかがカラコンと軽視してはいけません。中にはコンタクトがアレルゲンになる事もあるので、事前の眼科検診もきちんと受けておく事が大切です。間違った使い方をすると、目の角膜を傷つけるので、最悪の場合には視力低下の原因となってしまいます。

意外と多いのが、寝る前に外し忘れてそのまま寝てしまう、洗浄をせず使い続ける、使用期限が過ぎているのに使い続ける事などです。これは想像以上に目に大きなダメージを与えますので、ものを見るという当たり前の事ができなくなる可能性もあります。カラコンだからと軽視せず、正しく使う、正しくケアするという事を意識してください。カラコンによる目のトラブルを紹介します。フォーチュンコンタクト

最新記事